【中古一戸建て購入】諸費用はいくらかかる?実際にかかった諸費用公開

中古一戸建て購入時にかかる諸費用
  • URLをコピーしました!
オリュー

中古一戸建てに住んでいるオリューです

家を買う時は、家や土地以外にも諸費用がかかります。

実際に中古一戸建てを購入した際、諸費用も意外とかかるんだと感じました。

オリュー

今回は私の体験談をもとに、中古一戸建て購入時にかかった諸費用を公開!

これから中古住宅の購入を考えている方は是非ご覧ください。

目次

中古一戸建てにかかる諸費用

物件価格の他にもお金がかかります。

中古一戸建てを購入する際にかかる諸費用の目安はこちら。

中古一戸建て:物件価格の6~9%

LIFUL

例えば物件価格が3000万円の場合、180万円~270万円を目安として諸費用がかかるということです。

オリュー

意外とかかる…!

我が家の諸費用

我が家は中古一戸建てで約1900万円(土地・建物)。

かかった諸費用の合計は約99万5千円でした。

詳細は以下のとおりです。

<物件にかかる諸費用>

スクロールできます
項目実際にかかった額(約)目安
印紙税1万円
(軽減措置)
2万円
不動産取得税0円固定資産税評価額×4%
登録免許税16万円固定資産税評価額×0.4~2%
司法書士費用6万円1~13万円
住宅ローン
抵当権設定登記
6万5千円住宅ローン借入額×0.4%
固定資産税
都市計画税
6万円固定資産税:固定資産税評価額×税率1.4%(標準税率)
都市計画税:固定資産税評価額×税率0.3%(上限)
仲介手数料34万円売買価格×3%+6万円+消費税
合計69万5千円
物件にかかる諸費

<ローンにかかる諸費用>

スクロールできます
項目実際にかかった額(約)目安
印紙税2万円2万~6万円程度
融資事務手数料 1万3万~5万円程度。または借入額の1~3%程度
ローン保証料 3万円借入額の0~2%程度
物件調査手数料
(フラット35)
0円 一戸建て6万~8万円
フラット35利用の場合
火災・地震保険料24万円
(10年間)
火災保険料:15万~40万円程度(10年一括契約)
地震保険料:5万~25万円程度(5年一括契約)
合計30万円
ローンにかかる諸費用
  • 項目・目安参考:LIFULL
オリュー

諸費用だけで約100万円

仲介手数料に関して

仲介手数料は、我が家の場合34万円でした。

本来ならばもっと高い額です。
(1900万円での取引→69万円程度)

安くしていただいた理由は、売主と購入のやり取りを直接したためです。

仲介業者は大まかにこのような業務をおこないます。

<仲介業者のおこなう業務>

  1. 買主への物件の紹介
  2. 買主との交渉
  3. 売買契約などの書類作成
  4. 引き渡しまでのサポート

このうち①、②を売主と買主(私達)で直接おこない、③、④は仲介業者へ依頼しました。

そのため仲介手数料を安くしていただきました。

オリュー

我が家のようなケースは少ないかもしれませんが、同じような状況の方は仲介手数料の交渉をしてみる価値あり!

中古住宅の値引きはできる?

中古住宅(物件)自体も値引きできる可能性があります。

オリュー

実際に我が家も値引きしていただきました

また、仲介手数料は売買価格によって決まります。

物件価格を値引きすれば仲介手数料も安くなる場合があります。

▼中古住宅の値引きについてはこちら▼

物件情報を探すならこちら≫タウンライフ不動産売買

まとめ:中古一戸建て購入にかかる諸費用を把握しておこう

今回は中古一戸建て購入の諸費用についてご紹介しました。

我が家は中古一戸建て1900万円の物件で諸費用は約99万5千円でした。

できるだけ現金で支払いができるよう、諸費用を概算でも把握しておくのがオススメです。

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる